売却コラム | 藤沢・茅ヶ崎・鎌倉の不動産売却・買取ならセンチュリー21富士ハウジング

お電話でのお問合せはこちら

  • 藤沢店0120-158-380
  • 湘南モールフィル店0120-989-655
  • 辻堂北口店0120-060-021
藤沢市不動産売却トップページ >
[住宅ローン] 不動産売却コラム一覧

[住宅ローン] 不動産売却コラム一覧

  • 不動産の売却を検討するにあたって気になるのは、「いつ売れば良いか?」「売却しやすい時期はあるか?」ということではないでしょうか。

    不動産売却には「売り時」といわれるタイミングが存在し、それは非常に重要です。タイミング次第で売却の条件は変わりますし、知識がないことで大きな損をする可能性は高くなるでしょう。スムーズに売れるかどうかも違ってくるため、しっかりと理解する必要があります。

    たとえ優良物件であったとしても、タイミングを間違えると売却条件が悪くなることもあるため注意が必要です。

    本記事では、不動産を売却しやすいタイミングや時期について解説していきます。より良いタイミングを知ることで、希望に沿う条件での売却を実現しましょう。

  • 住宅ローンを支払い中の夫婦が離婚をする際、家を売却する事が多いですがその際の注意点や売却の流れを説明します。

    婚姻中に築いてきた共有財産は、原則として2分の1に分けます。しかし、住宅ローンの残っている家は、貯金などと違ってきっちり半分に分けられるものではなく、手続きも簡単ではありません。「どちらが住む?」「名義はどうする?」「ローンは誰が払う?」など、決めなければならないことは数多くあります。

    売却をすれば、財産分与はしやすくなりますし、ローンの未払いなどでトラブルになることも避けられるでしょう。

    本記事では、家を売却する時の注意点や財産分与の流れについて、詳しく解説します。
    ぜひ最後まで読んで、売却のタイミングなどを見極めたうえで進めていきましょう。

  • 住みながらの家の売却は、売り主にも買主にも大きなメリットがあります。しかし、住みながら家の売却を成功させるためには、いくつかのポイントを抑える必要があります。本記事では、住みながら家を売却するメリット・デメリットと共に、売却時を成功させるポイントや注意点について解説します。

  • 住宅ローンは、家計の中で大きな割合を占める支出項目です。
    コロナ禍による収入の減少や想像もしなかった病気、予想を超える教育費の増加などさまざまな理由から、住宅ローンを払えなくなりそうという不安を感じていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

    本記事では、住宅ローンが払えない場合に起こることや、住宅ローンが払えなくなった時の売却方法、その他の対策などについて解説していきます。

  • 急な転勤や家族構成の変化、より良い物件との出会いなど、住宅ローンを返済中であっても自宅を売却するきっかけは随所に存在します。そこで気になるのは、「住宅ローンがまだ残っている家を売ることができるのか?」ということではないでしょうか。

    結論からお伝えすると、住宅ローンの返済中であっても売却は可能です。ただし、注意点はいくつかあるため、それらをしっかりと把握し、自分に当てはめて対応していく必要があるでしょう。
    本記事では、住宅ローンの残債がある家の売却方法や注意点について解説していきます。

  • 「不動産を売却するのにかかる期間はどれくらい?」「早く売却するためにはどうしたらいいの?」不動産の売却を考えている人の中で、このように考えている人もいるのではないでしょうか。

    そこで、今回の記事では不動産売却にかかる期間や売却期間が長引く要因、売却期間を早めるポイントについて紹介しています。
    この記事を読めば、不動産売却の期間についての情報を網羅できますので、是非ご一読ください。

  • 1